頭皮に悪影響を与えにくい整髪料の選び方

整髪料には、シリコン、アルコール、香料、パラベン、界面活性剤などさまざま成分が配合されています。製品を安定させるため、使い心地をよくするためなどの目的で配合されているものなのですが、こういった成分が頭皮に刺激を与えることがあります。

整髪料は毛穴をつまらせてしまい、毛穴がつまることで毛根への血流が悪くなって髪の成長に影響を与える可能性があります。頭皮が刺激を受けると頭皮環境が悪化をしてしまい、乾燥をしてフケや皮脂がでやすくなります。フケや皮脂も毛穴をつまらせる原因です。

そのため、薄毛が気になる方は整髪剤の使用に注意が必要です。

理想は使わないことですが、整髪料が必要なこともあります。どうしても使うときには、頭皮への刺激が少ないものを選ぶようにしましょう。

香料や着色料などは配合してないものは刺激が少なめです。整髪料を使ったときにシャンプーできちんと落とせていないと、残った成分で毛穴がつまってしまうので、落としやすいことも大切です。