薄毛予防のためのドライヤーの使い方

髪が薄くなってくると自然乾燥でも乾いてしまうことがあります。また、少ない髪にドライヤーの風を当てて、髪や頭皮にダメージが加わり、さらに髪が薄くなるのではないかという心配もあります。そのため、ドライヤーを使わずに済ませてしまう方も珍しくありません。

しかし、薄毛対策のためにはドライヤーを使用することをおすすめします。

ドライヤーを使わず濡れたまま放置をしていると、頭皮が蒸れて雑菌が繁殖しやすくなり、かゆみやフケなどの頭皮トラブルを引き起こしたり、蒸れた臭いが気になったりします。

使い方によってはドライヤーの熱は頭皮と髪にダメージを与えてしまうことがあるので、髪の乾かし方には注意が必要です。

ドライヤーは頭から20cmほど離して使用をします。一か所に風を当て続けるとその部分だけが高温になって頭皮と髪の負担になるので、小刻みにドライヤーを動かして一か所に熱が集中しないようにします。根元から毛先に向かって乾かします。最後に冷風を当ててキューティクルを引き締めると、髪にツヤが生まれます。