薄毛を笑いにするのではなく個性にする

薄毛の男性でも気にしないという女性は意外と多いのですが、男性は意外と信用していない人が多いです。しかし、女性のなかには性格を重視する人はたくさんいます。薄毛で女性と縁がない人の多くは、薄毛に劣等感を抱いているようなタイプです。どうせ薄毛だからと女性の目を見て話せなかったり、業務用エステ機器を使って薄毛を隠そうと妙なヘアスタイルになって頭を気にしていたりするような人は魅力はダウンします。

なかには薄毛で笑いを取っている男性もいますが、自信がなく卑屈にしているよりもマシですが、太っていることを笑いにしている女性に対して悪い感情は抱かなくてもなかなか恋愛対象として見れないのと同じで、薄毛で笑いを取ろうとする人も恋愛対象にはなりにくいです。それが職場などであれば良いと思いますが、薄毛についてあえて口にしなくてもいいのです。

コンプレックスを笑いや卑屈に変えて伝えられても女性はどう思ったらよいのかわかりませんし、薄毛は個性のひとつだと自負し、あえてアピールも隠すこともしないことで相手にも薄毛を意識させません。